開運によい字体と配字

当店では八方に広がる「印相体(吉相体)」の字体を使用いたします

楷書体から印相体への流れ

ローズストーンの印鑑の字体は、印章用の字体印篆(いんてん)から画数・運気を取り込みながら八方に広がりますよう字入れする開運書体、「印相体(吉相体)」を使用しています。
印相体は昔から縁起の良い字体です。文字としては少し読みずらいですが、実印や銀行印を使う際には複雑な印影の方が偽造しにくいということもあります。

当店では4代目彫刻士の小林照明が、画数・運気を含めて1本1本、丁寧に字入れいたします。

印鑑の配字について(たて書き・よこ書きについて)

印鑑の種類や用途によってお名前の彫り方もいろいろあります。また、縦に配字する場合と横に配字する場合ではことなります。印鑑に彫るときのお名前や会社名の文字数によっても変わりますので、お気軽にご相談ください。

また、女性の場合は結婚して姓が変わることもありますので、永くパワーストーン宝石印鑑をご使用になりたい場合は、姓ではなく「名前」でお彫することもございます。お名前での印鑑も実印や銀行印にお使いになれますのでご安心ください。

個人の印鑑の場合

  • 苗字「木村」縦書き
  • 苗字「木村」横書き
  • 名前「美和」横書き
  • 姓名「木村拓二」
実印
通常はフルネームにて、女性はお名前横書きが吉です。 ※注)横書きの場合は、右から左に読めるよう字入れします。
銀行印
よこ書きが吉(お金がたてに流れないようにと申します)
男性は苗字を横書きに、女性はお名前・苗字横書きが吉です。 ※注)横書きの場合は、右から左に読めるよう字入れします。
認印/仕事印
通常は苗字縦書きで作ります。 ※お仕事で使用する場合などは読み間違いのない縦書きがおすすめです。

会社印鑑の場合

会社印鑑の配字
  • 外側(回文)会社、組合名等が入ります 例)小林大伸堂株式会社、有限会社○○○など
  • 内側(中文)印鑑の種類によって入る名称が違います 例)代表取締役之印、会社之印など
  • ※角印の場合は社名・組織名のみ入ります
  • 会社実印
  • 会社銀行印
  • 会社認印
  • 会社角印
  • 店長がご提案 Rosestoneお任せフォーム
  • 見積り&相談フォーム石もサイズも自由2本、3本セット
  • 見積り&相談フォーム石もサイズも自由会社印鑑セット
  • ご質問・ご相談 お問い合わせフォーム
PAGE TOP