2014年6月アーカイブ

 

 

710todaystopic.jpgスクリーンショット 2014-06-18 15.06.21.png

 

こんにちは。ローズストーンの小林です。Googleマップに追加された新機能であるGoogleインドアビューにローズストーン店舗が登録されました。今までは店の外観しか見ることができなかったのですが、今は店の中に入ることができるようになりました。ぜひ、Googleインドアビューからローズストーン店内をウインドウショッピングしてみてください。 

 

fdsafasd35.jpg

 

 

 この機能のおかげで、県外の方にもローズストーンの雰囲気を楽しんで頂くことができるようになりました。僕自身、買い物をするときは店舗の雰囲気なども知ったうえで購入するかどうかを判断したい人間なので、このサービスは凄く便利だと思います。

 

 

fdsafasd9.jpg

 

 面白かったのは階段をあがることができたことです。螺旋階段を登る楽しみが画面上でできることに興奮しました(笑)。

  

jojafdsaf33.jpg

 

実は2階にあがると、このようなスペースが広がっています。アロマと音楽、吹き抜ける風を感じることができる癒しの空間になっています。考え事をするときはよくこの場所に行ってパソコンを広げたりしています。もちろん、お越し頂いた方にもリラックスしできる空間になっていますので、ローズストーンにお越しの際はお申し付けくださいませ。

 

 

90.jpg小林稔明 / jewellry coordinator・5代目彫刻士

 


 

 

御堂筋の老舗宝飾店にてジュエリーコーディネーターの資格を取得後、金沢にて4代目彫刻士である小林照明と同じ師匠のもと印鑑彫刻の武者修行を行い、2級印鑑彫刻士(国家資格)を取得いたしました。現在は福井県鯖江市にある小林大伸堂(ローズストーン)にて、ジュエリーコーディネーターの資格を持つ5代目印鑑彫刻士として活動しています。

710todaystopic.jpg710da.JPG

 

想いを伝える伝道師

 

1・息子への贈り物 2・孫への贈り物 3・大好きな人への贈り物 4・お世話になった人への贈り物

「贈り物に込めた想い、ちゃんと届けられていますか?」

 

あることがきっかけで、僕はこんな疑問を抱くようになりました。それまでは贈り物を贈る側の気持ちになることに一生懸命でした。でも実は、「贈る側」だけでなく「受け取る側」がいてはじめて「ギフト」っていうんだ「贈る側」がいるということは「受け取る側」がいる、「受け取る側」が満足してはじめて「贈る側」も満足するんだということに気が付いたのです。その瞬間に僕たちの役割がふっと見えたような気がしました。僕たちがやっていることは「お客様の想いを届けること」なんだと。

 

hhdtryhtrd7.jpg

 

届けたい想いが届きますように


長い人生の中で、より身近な人により想いのこもったギフトをを届けるシチュエーションって、実はある程度決まっているんです。プロポーズからはじまって子供が生まれたら出産祝い、子供が20歳になったら成人祝いの贈り物をあげて、子供が結婚したら結婚祝いの贈り物をあげる。そのうち子供が大人になって、次は自分たちが子供から還暦のお祝いなどで贈り物をもらう。そのうち孫ができたらこのうえなく嬉しい気持ちで贈り物をあげる。

そんな感じの繰り返しで、何回もあるように思えるけれど、同じ記念日はそう何度もないんです。その1回1回がとても大切なシチュエーションで、二度とない人生のワンシーンなんです。だからこそ、届けたい想いが真っ直ぐに相手のもとに届くような贈り物にできたらいいですよね。

 

710dada3.jpg

 

 

そういえば・・・


僕たちの役割はお客様ひとりひとりの「想いを届けること」。そのために何ができるか?それを考えてカタチにしていくことが僕の役割だと思っています。まずは自分のより身近な人に想いを届けることからはじめていこうと思っています。そういえば・・・明日はさっそく父の日ですね(笑)。さあ、いきなりハードルの高いシチュエーションがやってきました!!何を贈ったら喜んでもらえるだろうか?自分の親のことになると難しいですね(笑)。みなさんは、なにを贈りますか?

710todaystopic.jpgjfkasfla.jpg

 

自己肯定

「あなたは自分のことが好きですか?」

1・好き、2・まあまあ好き、3・あんまり好きじゃない、4・好きじゃない 

「この中から1つだけ、あなた自身にあてはまるものを選んでください。」


岩堀美雪先生の授業はこのような内容からスタートします。会場にいる全ての人がひとつだけ手をあげて、自分自身と向き合う時間がはじまるのです。授業の目的は自分のことを好きになること。将来の夢や褒められて嬉しかったこと、家族やお友達に教えてもらった自分の良いところをファイリングし続けることで、自分の知らなかった自分と出会うことができる。そして気付いたら自分のことが好きになっている。その輪が広がって世界中の人が自分のことを好きになる。自分のことを好きになることで相手のことも認められることができる。その結果、みんなが幸せになることができる。夢のような話ですが、とても素敵で壮大な夢だと思いました。

実は、岩堀先生は僕が小学2年生のときの担任の先生でした。今でもちょくちょくローズストーンに顔をだしてくれる恩師です。本当にいい先生に巡り合えたんだな、そのおかげで今の僕がいるんだな!今となってではありますが、素直に嬉しいです。そして小学校の時の先生が今も社会の先生でいて頂けることもとても心強いことです。

僕も先生の夢に負けないくらい大きな夢を描き続けます。そして自分のことや家族のこと、友人や大切な人たちのことを好きでいること、その輪を広げていくことも行っていきます。

 

90.jpg小林稔明 / jewellry coordinator・5代目彫刻士

 


御堂筋の老舗宝飾店にてジュエリーコーディネーターの資格を取得後、金沢にて4代目彫刻士である小林照明と同じ師匠のもと印鑑彫刻の武者修行を行い、2級印鑑彫刻士(国家資格)を取得いたしました。現在は福井県鯖江市にある小林大伸堂(ローズストーン)にて、ジュエリーコーディネーターの資格を持つ5代目印鑑彫刻士として活動しています。

/
プロフィールはこちらから▷▷

/
小林大伸堂 公式通販サイト

アーカイブ