ローズストーンブライダルの最近のブログ記事

fadf.jpg

  

新郎・新婦にインタビュー

1.「印鑑でプロポーズをしようと思ったきっかけは?」

A1.「当時結婚することは決まっていてエンゲージリングはすでに購入していたんです。でも、そのときはまだちゃんとしたプロポーズをしていなかったので・・・何か「一生の約束の証」になるようなものでちゃんとプロポーズしたいと思っていたんです。

結婚の準備を進めていく中で、印鑑が結婚後の人生において一生重要な役割を果たすものになることに気付きました。入籍して彼女の苗字が変わったら、これまで金融機関に登録していた銀行印を作り変える必要があるし、仕事上も新しい苗字の認印が必要になってくる。でもそれ以上に、
生まれた街を後にして僕の街に嫁いでくる彼女の気持ちを考えたら、苗字が変わることに対しての大きな期待と不安にも気がづきました。だから、彼女の新しくなった名前に運気を込めてつくった印鑑でプロポーズしたいと思ったんです。それが、印鑑でプロポーズしようと思ったきっかけです。」
 

hhdtryhtrd7.jpg

 

Q2.「新婦さんに質問です。この時の心境は?」

A2.「ローズストーンに連れて行ってもらっとき、彼から詳しいことは何も聞かされていなかったので、正直そこが何屋さんなのかも知りませんでした(笑)。それに、まさかプロポーズしてもらえるとは思ってもいませんでした。だから、そこに彫刻してある名前が彼の苗字であり、これから私が名乗る苗字だと気が付いたとき、嬉しくて嬉しくて自然と涙が溢れてきました。」

 

jtyjutfykjiuf9.jpg

 

Q3.「今、その印鑑は何に使っている?」

A3.「主に銀行の登録印に使っています。結婚後は引っ越しや新しい口座をつくったりで何かと印鑑を使う機会がありました。印鑑を押すたびにあの時のことを思い出して幸せな気持ちになります。」

 

fdsgs754.jpgkadsj34.jpgl;dskf;sd38.jpgjkdsajfda093.jpgdfa3556.jpgfdaf35.jpgfadf23.jpgfdaf4532.jpg

 

 

 

   


 

サプライズ大成功!


「一生の想い出に残るような特別なサプライズがしたい。

プロポーズは一生に一回だから・・・」

新郎の想いを最大限にカタチにした演出が、

ふたりの一生の思い出になりますように。

 


 

hdrtyhsydtr8.jpg  

 

   


 

数日後・・・


新郎新婦の結婚式に招待してもらいました。
白馬に乗って登場した新郎カッコよかったです。

そして、人前式で誓いの言葉にちゃっかり

印鑑つかってくれていました。

 


 

 

dalkfkal3729.jpgdkfjakdls83.jpgl;dskf;sd38.jpgfakldkjla332.jpgfdfasd938.jpgfdfla;fk9.jpg
 

  

   


 

Movie 


ふたりのブライダルをムービーを作成しました。

永遠に変わることのない約束を交わしたふたりの未来に乾杯。

 


 

 



 

 

ROSE STONE NN.jpg  ROSE STONE公式通販サイト

 

生き方に美しさを、しるしに輝きを。

 

名称未設定 1.jpg

凛とした美しさを持った生き方がしたいと願うすべての人に。
自分らしく、自信を持って生きてほしい 切なる祈りを込めて。
ローズストーンは幸せの“あとおし”をする貴石印鑑のブランドです。

ROSE STONE公式通販サイトhttp://www.rosestone.co.jp/

 

 

【関連記事】

RoseStone BRIDAL −苗字が変わるその瞬間に−

生まれ来るお子様やお孫様への最高の一生モノ

結婚される二人へのプロポーズ大作戦

 

/
プロフィールはこちらから▷▷

/
小林大伸堂 公式通販サイト

アーカイブ